トップページコラムへ > リクルート用映像の制作におけるポイント


リクルート用映像の制作におけるポイント


今現在、リクルート映像は就職説明会など様々な所で使用されています。

優秀な人材を集めるためにリクルート映像は大いに役立つと共に、就職活動に励む求職者と御社をつなぐ有効な手段となります。

映像化する事により、人事担当者の違いによって説明のニュアンスが異なったり等の認識の違いを防止する事が出来ると共に、映像による演出で御社をより魅力的に伝える事が出来るという利点があります。

適切なリクルート映像を制作するには、就職希望者が共感できる映像を制作する事と共に、優秀な人材を採用する為にライバル会社との差別化を行う必要があります。

つまり他社にはないインパクトを与える映像制作が重要なポイントとなります。

ほとんどの求職者は複数の企業に就職活動をしています。

よって優秀な人材を得る為には、魅力的で働きたいと思える会社という的確なインパクトを求職者に残す事が出来る映像が必要となるのです。

リクルート映像は会社説明会用、内定者向け用など用途によって内容が変わってきます。

よって各用途に応じて適切な説明をする映像が必要となります。

求職者にやりがいを持って貰う為には、企業の長所と共に企業の考えを分かりやすくストレートに伝える必要があります。

リクルート用映像制作者は御社の業種や業務内容を徹底的に把握しご要望を正確に受け止め、リクルート用映像として効果的な提案を行い、さらに求職者が会社を具体的にイメージ出来るように配慮し、各要所で明確に伝える事が出来る確実な制作工程を行います。

このページのトップへ