トップページコラムへ >映像と会社紹介の結びつき


映像と会社紹介の結びつき


近年、就職難という言葉をよく聞きます。
就職活動生が就職先を求めて苦労している一方で、会社の方も優秀な人材を確保するのに苦労していることでしょう。

就職活動において、会社紹介とは就職する上でまず確認するものです。
ですが、そのほとんどが文章であり、どの会社も似通た会社紹介になってしまうことが少なくありません。
そんな中、映像での会社紹介があったら、それだけで目を引くことでしょう。

映像で会社紹介を行う際の重要なポイントは、文章ではできないことを伝えるということです。
会社の営業方針や雇用形態などは、パンフレットやホームページなどでいくらでも伝えることができます。
ですが、職場の雰囲気や実際に働いている人の仕事におけるやる気と達成感に満ちあふれている表情は
映像でなければ伝えることはできないでしょう。誰だって、嫌々働くような会社には就職したくありません。
逆を言えば、いきいきと働いている人がいるということを確認できれば、それだけでその会社の印象は格段にアップするのです。
会社紹介の映像を作る場合は、就職活動生に近い年齢の人物の働きを映像で見せたり
仕事におけるやりがいなどをインタビューで聞くなどの形を通して
働く人間の「生き生きとした目」を見せることに重点を置くべきなのです。

 住居において、「住めば都」という言葉があるように
就職先も、いざ就職してみればその職場が最も良いものであると感じてもらいたいものです。
そのためにも、文章では表現できない職場の雰囲気や働いている人の目に熱く灯る「やる気」の炎を知ってもらいたいものです。
そしてその映像を見た人が、職場に対する期待をもって入社してくる。
映像による会社紹介は、就職活動生にも、会社にとってもプラスになることでしょう。

このページのトップへ