トップページコラムへ > 会社案内の映像制作をするポイント


会社案内の映像制作をするポイント


「会社案内」というのは、様々な媒体があります。

昔ながらの会社案内というのは、パンフレットですが、最近では映像制作をして会社案内するところが多いです。

そもそも、会社案内というのは、どのような目的で作られるものなのでしょうか。

まずは、外に向けて作られるものです。

他の企業に自社の紹介をするとき、この会社案内は何よりも格好のツールです。

しかも、最近ではタブレット端末が普及しております。

ですので、タブレット端末で会社案内を見せるところも増えてきております。

就職希望者のための会社説明会で、これら映像制作されたものを流すところも増えております。

そして、内に向けて映像を流す、という場合もあります。

当初は外に向けての映像制作だったのですが、あらためて見てみると、会社の理解度がより深まったという声があります。

そのため、社員研修などでこういった映像を流すというケースも増えています。

だからといって、会社の特徴を箇条書きのような映像で紹介したところで、頭には入ってきません。

そこで必要となってくるのが、映像制作会社のノウハウです。

様々な趣向を凝らして、心に残るような映像制作をしてくれます。

例えば、ちょっとしたドラマ仕立てにしてみたり、情報番組風にしてみたりします。

そうしただけで、大分心に残る映像になります。

ただしもっとも肝心なのは、打ち合わせ段階で、依頼元である企業がどれだけ自分の会社のことを理解しているかです。

このページのトップへ