トップページコラムへ > 工場案内用ビデオの映像制作のポイント


工場案内用ビデオの映像制作のポイント


工場案内用ビデオの映像制作をする上で重要なポイントは、視聴者を惹きつける技術のある映像制作を行い、工場を正確に伝え、より魅せる事です。

その為には、映像制作者が工場の特長を徹底的に把握し、その内容に沿って魅力ある映像制作をしなければ効果の高い工場案内用ビデオになりません。

よって映像制作者は、工場の理念や長所および設備等、あらゆる要望をしっかりと把握します。

そうする事により、工場内制作工程の案内場面でも要所でしっかりと明確な内容を伝える事が出来るので、目的を達成する事が出来ます。

また、映像の質にもこだわる必要があります。

映像制作する上でスケール感などイメージを伝えるための重要なポイントとなるのが、視聴者が理解や共感が持てる演出方法です。

偏った演出によって間違った捕らえ方や誤解を与える事がないよう、正確な演出を行い工場案内の魅せる映像を制作します。

また工場内の明るさや撮影時の角度、アングルなど見栄えのする映像が撮影出来るように、しっかり検討し理想のイメージに仕上げます。

常に工場案内のテーマ毎に沿ってベストな映像が撮れているか確認する必要があります。

工場用案内ビデオにより世間一般の方が目にする機会はそれほど多くない工場を紹介する事が出来て、日本の素晴らしい技術を作っている工場を世間一般の方へ広く情報発信する事が出来ます。

中に入って見学できない場合など紹介しづらい工場や施設のPRも勿論解りやすい映像で紹介する事が出来ますし、DVDやWEBを利用したバーチャル見学、実写映像、写真など様々な工夫を組み込んだ工場案内ビデオに仕上げる事も出来ます。

普段見ることのできない工場内のシステムなどを映像で紹介していくことにより、とても大きなメリットになります。

このページのトップへ