トップページコラムへ > 店頭用の映像制作をする上でのポイント


店頭用の映像制作をする上でのポイント


店頭用商品紹介ビデオを流している店舗や売り場を良く見かけます。

店頭用商品紹介ビデオというのは、アテンションやにぎやかしの効果だけではなく、映像化により情報を的確に分かりやすく短時間で伝えることの促進販売の手段となっています。

店頭用ビデオの映像制作を行う上で重要なポイントは、お客様を商品棚の前または、ディスプレイの前に呼び止める演出を行う事です。

売り場での映像では、ごく短時間でお客様が買いたいと思えるような、また買う事が出来るような演出が大切です。

その為には、映像制作者が店の特徴、映像化したい商品やサービスついて目的や内容を細かく明確に理解する必要があります。

目的毎に経験豊富なスタッフが制作してくれる為、商品やサービスの魅力ある伝え方が可能になります。

臨場感とともに商品やサービスをを紹介し、手にとってもらえる頻度の向上や、商品やサービスの認知度やブランド力の強化を図る事が出来る映像制作が大切です。

しかし、店頭用ビデオの映像制作において注意しなければならないポイントは、商品を売る事ばかり考えてしまうと、特性ばかりを押し出した一方的な映像になってしまう事です。

すると見ているお客様側にとっては、見たいと思わない映像になってしまいます。

そうなると、店頭用商品紹介ビデオの意味が無くなってしまいます。

よって「売る」という思考に捕らわれず、お客様に買ってもらうにはどうしたら良いのかというお客様の立場に立って映像制作を行う必要があります。

そうすれば、見ていて飽きずフレーズが自然と記憶に残るような映像制作をする事が可能になるのです。

写真や文字だけでは伝わりにくい情報を映像を用いて発信する事により、お客様により解り易くイメージしやすいように伝える事が出来ます。

また、動画だけではなく、写真や文章と映像を上手に組み合わせる等、様々な演出が可能です。

このページのトップへ