トップページコラムへ > マニュアルのための映像制作の効果


マニュアルのための映像制作の効果


製品のマニュアルに期待される役割は、まずは見る人にわかりやすいということです。

紙媒体によるマニュアルは、製品が精密に多機能になるに従い、膨大な情報を詰め込んだ分厚いものになってしまいがちで、ユーザーにとってはあまりにも情報が多すぎ、自分の必要な情報を見つけ出すのに苦労するということも少なくありません。

何より分厚いマニュアルの冊子を開くのも面倒だというのが正直なところです。

わからないことはパソコンなどで検索するという行為に慣れているユーザーのために、マニュアルのための映像制作はとても重要です。

マニュアルのための映像制作を依頼する企業側からすれば、自社製品を効果的にPRしたい、そして製品のサポートへの問い合わせ件数を減らしてサポート窓口の負担を軽減をしたいということが目的です。

製品のユーザーだけでなく、新入社員への製品の説明や、ソフトの使い方を効率よく教えるためにもマニュアル映像制作は大変効率的です。

そして、24時間いつでも閲覧できる映像マニュアルならば、わからないときに誰でもすぐに活用できるのが魅力です。

また、マニュアルの映像制作によって、これまでマニュアルの印刷や改訂にかかっていたコストを大幅に削減することができます。

マニュアル印刷を廃止して、Webでの動画配信と解説ページだけに絞ることによって、高額なコスト削減を実現した企業もあります。

マニュアルのための映像制作を依頼することによってユーザーにとっては使いやすく、企業にとってはコストの削減につながるという効果が期待できます。

このページのトップへ