トップページコラムへ > 教育用ビデオの最適な映像制作のポイント


教育用ビデオの最適な映像制作のポイント


新入社員、契約社員、アルバイト、パートなど従業員への均一な教育や指導を行う際に活用出来る教育用ビデオを映像制作します。

具体的な徹底指導から、服装や髪型といった身だしなみまで様々なニーズに対応して映像制作します。

そうする事により徹底した社員教育が図れる事が出来るので、高水準で均一なサービスを教育したい時におすすめです。

教育用ビデオを制作する上で大きなポイントとなる重要事項は、教育内容を制作側が徹底的に把握する事により、解りやすく映像を構成し、御社の理念と方針に基づいた企画や演出を行う事です。

そして、映像として効果的なアイデアを盛り込み、セリフの内容や構図は誰でも理解しやすいように制作する事です。

その為に映像制作者はしっかりと教育内容全てを細かく理解し、教育用映像を構成していきます。

また、教育用ビデオでありがちな長いだけで集中出来ない退屈なビデオではなく、視聴者を引き込む映像制作技術が必要となります。

初めて教えてもらう人の立場になり、映像を見て理解し易いかどうか、退屈ではないかどうか、時間が長すぎないか等、様々な方向から検討し一番最適だと思う映像制作を行います。

そうする事で、教育用ビデオの内容を全て把握する事が出来て、教育ビデオの成果が生まれると考えています。

さらに、教育用映像には、実際にやってみせる実演が不可欠です。

そうする事で理解し易くなり、視聴者の理解も深まります。

社員様ご自身の出演またはキャストやエキストラの手配が出来るので、教育用ビデオとしてしっかりとした映像に仕上がります。

このページのトップへ