トップページコラムへ > 商品紹介のための映像制作に期待されること


商品紹介のための映像制作に期待されること


企業が商品紹介のために映像制作されたものを利用するのは何種類かの場面があります。

まずは新商品の営業向けのDVDなどのための映像制作です。

これは相手企業に新商品のPRを行うための映像になるので、自社の製品の特長から会社案内まで盛り込んだ、ある程度長さのある映像になることがほとんどです。

DVDなどで配布され、受け取った側が自分の都合で映像を見ることができるのが特徴です。

ある程度の長さの映像にする場合でも、あまりに魅力がなく見ている側の興味を引き出せないものではせっかく商品紹介のために作っても最後まで視聴してもらえないようでは意味がないので、自社商品紹介に終始せず、視聴する側に最後まで見てもらえるようなストーリー性のあるものにするなどの工夫が必要とされます。

新商品紹介のPRのために店頭やイベント会場などで流される映像には、人の足を止めさせるようなインパクトのある映像制作が求められます。

営業用の企業向け映像よりもコンパクトながら、見た人にその商品をもっと知りたいと思わせるような内容の映像が必要とされます。

人気の高い著名人のナレーションによって耳から人の注意を引く方法なども考えられます。

もう一つはウェブを介しての商品紹介のための映像制作です。

誰もがパソコンやタブレット端末など多くの機器を自在に使い、インターネットで様々な情報をいつでも取り込むことのできる時代だからこそ、視聴者が興味を持って開いてくれるような動画コンテンツのための映像制作が求められます。

このページのトップへ