トップページコラムへ > 映像制作に使える東京の公園


映像制作に使える東京の公園


制作する映像の内容によっては、屋内での撮影だけでなく、屋外での撮影をする場合があります。

特に公園などでは、明るい雰囲気の映像を撮影することが出来るので、ロケ地として多用されているようです。

 外で撮影する場合、どのような場所で撮影するのが良いのか、ロケーション探しを映像制作に取り掛かる前に十分行う必要があります。

 しかし、広い野外で自分だけでロケ地を探そうとすると、とても労力がかかりますし、そもそも撮影の効果などが分からなくて、どこをどう撮ればイメージ通りになるのか、映像制作の素人には判断が難しいものがあります。

 映像制作会社に制作を依頼する前に目星をつけておきたい、という人には、例えば「東京ロケーションボックス」という、東京都所管のロケーションのデータベースがあります。

これは東京都内の様々な場所の風景を画像付きでまとめてあるもので、東京都内の公園なども数多く登録されており、数ある東京の公園の中でどこで撮ればよいのか、イメージしやすくなります。

ロケーションデータベースは他にも多数あるので、調べてみるとよいでしょう。

 映像制作本店で依頼すると、こうして目星をつけたロケ地なども含め、撮影に取り掛かる前に顧客と納得のいくまで打ち合わせをしてもらえます。

また、撮影の際は実際に顧客が立ち会うことになるので、自分だけではイメージできなかったことも、映像制作のプロとともに撮影できるので、顧客のイメージ通りの映像を撮影することができるでしょう。

このページのトップへ