トップページコラムへ > 興味を引く工場案内用の映像制作のポイント


興味を引く工場案内用の映像制作のポイント


工場案内のための映像制作をするにあたっては、通常の会社案内用ビデオとは少し違った点に気を付ける必要があります。

工場案内用の映像というのは多くの場合、映像を視聴した後には実際に工場見学へと進んでゆきます。

会社案内の映像が会社のコンセプトなど比較的大きなテーマに沿って作られるのに対して、工場案内の映像制作には、その工場の持つ様々な機能や特徴的な設備などに絞った内容をふんだんに盛り込むことができます。

その工場に興味を持って集まっている視聴者が、実際に工場内の生産ラインなどを見学する前に工場案内の映像を見ることによって、ぜひ本物を自分の目で見てみたいと思うような、少しワクワクした感じを与えられるような内容にすることがポイントです。

映像を見た人が自分の頭の中でイメージを膨らませ、その高揚した気分のまま実物を目にしたときに実物は映像よりもすばらしかったと思え、感動を与えられるような、そんな映像が工場案内の映像制作には求められます。

年間生産量や生産能力などのデータだけを羅列したものではなく、ある種インパクトがあって、もう少し見たいと思わせるような内容の映像制作をすることで、続きは実物を自分の目で確かめてください・・・とスムーズにつなげられるような橋渡しのような役割も担うことになります。

その工場の持つ自慢の設備や、どこにも負けないような技術を、より効果的に見学者におもいきりPRできるような映像制作が期待されます。

このページのトップへ