トップページコラムへ > 映像制作の活用によるIRプレゼンテーション


映像制作の活用によるIRプレゼンテーション


IR(Investor Relations)とは、企業から株主や投資家に対しての1つのコミュニケーションチャネルと言えます。

そして、企業の財務状況や企業活動内容、社会貢献活動など企業価値についてアピールするために、株主や投資家に情報を提供していく活動と言うことが出来ます。

株主が投資対象企業を選別する要件は、その企業に投資することでキャピタルゲインやインカムゲインが狙える事が先ず大切になります。

したがって、安定した優良な株主に投資してもらうには、会社の経営方針、経営戦略などを投資家や株主に訴える必要があります。

 そのためには、IR活動として、TVやホームページなどのメデアを通じて、映像制作コンテンツによる情報の提供が効果的になります。

映像制作コンテンツを活用することで企業戦略や企業のポリシー、財務状況や企業活動内容、社会貢献活動などを分かり安く、平易に情報発信ことが可能になります。

IR活動では、企業は、積極的に株主や投資家とのコミュニケーションとることが大切になります。

映像制作コンテンツでは、ナレーションの挿入、BGMの挿入、文字の挿入、複数の映像の同時挿入などが可能で、より効果的にプレゼンテーションが可能になります。

 したがって、効果的にIR活動プレゼンテーションが可能になります。

PDFファイルによる掲載なども一定の効果がありますが、映像制作コンテンツでは、投資家や株主に容易に財務状況や企業活動内容、社会貢献活動、事業戦略について訴える事が可能になります。

映像制作コンテンツによる企業の情報発信としてのIRプレゼンテーションを成功させることで、株主や投資家に企業価値について高く評価してもらえることが出来ます。

このページのトップへ