トップページコラムへ > 目的別で考える、映像制作のポイント:株主総会編


目的別で考える、映像制作のポイント:株主総会編


株主総会では、企業の事業活動、企業の社会貢献活動、企業の環境への取り組みといった活動、及び企業業績について、株主に分かり安くプレゼンテーションする必要があります。

映像制作などを用いて、株主に分かり安くプレゼンテーションできれば、企業についてより深く事業活動内容を株主に理解してもらうことが可能になります。

 株主総会は、企業にとって株主との貴重なコミュニケーションの場でもあります。

映像制作などを用いて、株主総会で、プレゼンテーションが上手くできれば、議案についての理解も深まり、株主総会での建設的な意見の交流にも繋がって行きます。

企業活動内容について映像制作することで、現場の生の活動状況を株主に伝えることが可能になります。

例えば、インタビュー型式で従業員の仕事に対する取り組むなどを取材するとか、ナレーションを入れて事業活動について説明します。

また、事業別売上や活動指針なども、映像制作して、事業部門長から直接説明があると現場についてより詳細に現場の状況を株主に伝えることが可能になります。

映像制作することで、なによりも株主総会をスムーズに進行させることが可能になります。

 そして、株主に今後も変わらず、投資を続けたい思わせることが、できると思われます。

映像制作することでより分かり安く、株主に訴えることで、株主総会に出席した満足感がきっと味わえるように思われます。

このページのトップへ