トップページコラムへ > 効果的な店頭用の映像制作のポイント


効果的な店頭用の映像制作のポイント


店頭用の商品紹介のための映像制作は、まずは通行する人々の目に留まり、足を止めて興味を引いてもらえるような内容にする必要があります。

店頭用の新商品紹介のために流されているプロモーションビデオなどがこれに当たります。

テレビコマーシャルのようにもともと画面を見ていたところに流される映像とは違い、動いている人々の中で流され続ける映像なので、通り過ぎる一瞬の時間で視聴者に瞬時に印象付けるような映像制作が求められます。

短い時間に商品の細かな説明を盛り込んだものではなく、まずはその商品に興味を持つきっかけとなるような映像制作が必要とされます。

映像に興味を持って立ち止まった人に初めてその商品の本当の価値を説明できるチャンスを得られるのです。

店頭用の映像を見てせっかく立ち止まってくれた人に、企業が消費者に本当に伝えたい新商品のコンセプトや価値を効果的に伝えるための戦略も同時にしっかりと立てておかなくてはなりません。

映像を流すためのディスプレイの設置にも工夫が必要です。

店頭用に設置する場合には、ただ大型のディスプレイで映像を流し続けるのではなく、例えば新商品を並べる商品棚の一部に効果的に組み込んでみたり、店舗に入ってきたお客様の動線を十分に考慮した目につきやすい場所に設置するなど、より印象的に来店者の興味を引くような工夫が必要です。

ターゲットになる視聴者に、いかに商品の特徴を正確に伝え購買行動につなげられるような魅力的な映像制作ができるかが店頭用のプロモーション映像制作に課せられた課題です。

このページのトップへ