トップページコラムへ > よりよい商品マニュアルの映像制作


よりよい商品マニュアルの映像制作


百聞は一見にしかずといいますが、操作したり、動いたりする商品のマニュアルであればなおさらです。

具体的な操作方法や実際の動作状況を映像で説明できるので大変有用です。

ただし、その映像制作には気を付けておかなければならないことがあります。

まず第一にマニュアルの構成が大切です。

何を説明し、どこでどのような映像を使うのか、全体としてのバランスも考慮して構成します。

そのためには、マニュアルの目的を明確にしておく必要があります。

お客様向けのマニュアルなのか、従業員や関係者向けのマニュアルなのかによって映像制作の中身が変わってきます。

一つの映像を安易に使いまわすと目的があやふやになり効果の低いものになってしまいます。

第二に、映像の長さを考慮しましょう。

いくら丁寧な説明だとしても複数の事柄を長々と説明されたのでは見ていられません。

マニュアルの個々の項目ごとに適切な長さの映像制作を行います。

第三に、わかりやすい映像制作をしましょう。

説明する項目で強調したい部分や操作で間違えやすい部分など単純にカメラでその場所を移すだけでなく「注意!」とか「間違えないように!」とかのキャプションや解説の図を入れることも効果的です。

最後にマニュアルとしてのインターフェイスを意識した映像制作を心がけましょう。

これは、先に述べた目的とも関連しますが、使う人の状況を想定してスムーズに操作できるようにしなければなりません。

大きな画面のPCでしか見られないなど閲覧場所を限定するようなマニュアルでは商品によっては役に立たないことになるからです。

このページのトップへ