トップページコラムへ > 教育用の映像制作を行う時のポイント


教育用の映像制作を行う時のポイント


教育用の教材に映像を使用することはとても効果的です。

難しい問題や内容も映像で見ていくとわかりやすいことが多いので、数学や国語といった勉強にも映像を用いた学習は良く取り入れられているかと思います。

学校教育の現場の他、家庭用の通信講座などでもよく映像の教材は使用されていますが、映像であれば何でもいいというわけではなく楽しく子供が興味を持ってくれるような内容の映像でないといけません。

アニメーションのようになっていたり、英語学習であれば思わず口ずさんでしまうような歌も流れていると頭に入りやすいでしょう。

教育用の映像制作を行う時のポイントは、まずは興味を持ってもらえるかどうかということでしょう。

関心がなければ見ようという気が起こりませんし、映像でも見るのが苦痛になってしまいます。

教育用であってもどこか楽しみがあるような映像制作ができるといいでしょう。

そのためには大人視線ではなく子供の目線から映像制作をしてみるといいでしょう。

子供の目線というのはとても面白く、大人が気が付かないような面白い視点を発見してくれます。

こういった視点を考えつつ映像制作していけば、教育用の映像としても活用できるのではないでしょうか。

映像制作は映像が美しいだけではなく流れがなければいけません。

教育用も初めから終わりまで順序にそって作っていかないと混乱してしまいます。

頭によく入っていくように順番を考えて映像化していくことが大事です。

このページのトップへ