トップページコラムへ > Youtubeでの映像制作はまずは著作権に注意


Youtubeでの映像制作はまずは著作権に注意


映像制作をする上で、当然、どこで流すか、誰に見せるかということは重要です。

同じ映像のソースを使うのであっても、上記の条件によって、まったく別ものになります。

例えば、Youtube用に映像制作を行うことについて考えてみます。

Youtubeはご存じのとおり、インターネット上の動画サービスです。

インターネット上ということは、不特定多数の人が何時でも好きな時に見れるということもあり、その影響力は甚大です。

当然、インターネットで動画を流すということを前提に映像制作を進める必要があります。

まず第一に、著作権に考慮した映像制作を行うことが重要です。

最近では、インターネット上のファイルのアップロード、ダウンロードに関する法律も多く定められており、知らなかった。

では済まされません。

一般販売されている楽曲を、制作している映像のBGMに利用するといったことは避けるべきです。

Youtubeは他の動画サイトと比較しても、世界各国で多くの利用者がいるサービスです。

日本だけなく海外の楽曲の利用についても注意するべきです。

勿論、BGMだけでなく、写真や動画などを不正に引用することも避けるべきです。

また、Youtubeに限ったことではありませんがインターネット上にアップロードする上で、ファイルのサイズというのは重要になります。

Youtubeでも動画の最大容量は決められていますので、フレームレートや解像度を気にせずに映像制作をしていては、アップロードができない可能性もありますし、できたとしても、サイズが大きすぎる動画は閲覧者側からしても、嬉しくないでしょう。

このページのトップへ