トップページコラムへ > 魅力的な商品紹介のための映像制作


魅力的な商品紹介のための映像制作


高速インターネットの一般化で商品紹介に動画を使うことが多くなってきています。

商品の使い方や利用シーンなどをより具体的に表現できるのが動画のメリットです。

そうした映像制作は、ビデオカメラがあれば自分でもできるわけですが、やはり、より魅力的な商品紹介を行うには、プロに依頼するのが近道です。

映像制作の手順としては、企画構成、映像台本作成、ディレクション、制作進行といった段階がありますが、商品紹介のための映像制作としては、企画構成の部分が肝といえるでしょう。

どのような商品なのか?誰に向けた商品なのか?どのように使われるのか?商品紹介の良しあしは、売上に大きく関わります。

企画構成の部分は、商品や販売に長けた自分たちで考えて、ある程度台本のたたきとなるようなものを作って依頼するという方法もありますが、よく知っているだけに身内の視点になりがちです。

企画段階から映像制作会社に入ってもらって、どのように商品紹介をするのかというところから意見を交換しながら作り上げる方法は、外の視点が入ることでよりお客様に訴求する映像が期待できます。

また、どのようなシーンで使う映像なのかによっても映像の内容は変わってきますからそういった助言も得ることができるでしょう。

映像制作において台本というのはかなり重要です。

どのような映像を使ってどのようなイメージで商品紹介を行うのかは台本にまとめられるからです。

カメラと商品だけがあってもどうしようもありません。

きちんとした台本をまとめて映像制作に臨みましょう。

実際の撮影や編集といった部分では、ほとんど映像制作会社にお任せになりますが、準備段階も重要です。

台本に沿って商品や関連するものや場所を用意しておかないとスムーズに撮影できません。

また、ビデオ撮影であれば中間チェックなども容易にできるので出来栄えや意図の反映度合いを確認しながら進めます。

このページのトップへ