トップページコラムへ > 購買意欲を刺激する商品紹介の映像作成


購買意欲を刺激する商品紹介の映像作成


商品紹介の映像制作において重要なポイントは、商品を売る事だけに特化せず、売る側に立って考える事、買う側になって考える事が重要となります。

映像を見た人に商品を覚えてもらい、興味を持っていただくには、商品の良さを素直に伝え、より魅せる事が必要です。

商品紹介映像は商品イメージに直結するため、「分かりやすさ」はもちろんですが、商品イメージを向上させる表現や構成なども重要な要素となってきます。

さらに映像は、限られた数分の間に商品をアピールしなければならないので、全部を紹介する事は難しいと言えます。

つまり、視聴者が一番興味がある事、一番見たい事を的確に判断して企画をします。

そして、その企画を明確に映像に反映することがとても重要となります。

そうする事で、視聴者が見てくれる機会を作る事が出来るのです。

常に視聴者の立場に立って考える事が商品紹介をする上で重要となります。

例えば、映像を最後まで見てくれるか、見て理解できるか、見ていて楽しいか、映像が鮮明で綺麗か、などが沢山あります。

映像は、最後まで見てくれていただく必要があるので、飽きてしまう内容や企画、難しい表現、鮮明ではない映像などの映像であると、わかりにくく理解できてない事があります。

よって、常に視聴者の立場になる事が映像制作においてとても重要となります。

また、商品紹介の映像以外に、商品の使用方法を解りやすく動画で紹介して顧客の購買意欲向上させる方法、イベントや展示会の様子を動画で配信して身近な存在になる方法など様々な映像制作と共に商品紹介をする事が出来ます。

このページのトップへ