トップページコラムへ > 依頼主の目的を的確にとらえる映像制作


依頼主の目的を的確にとらえる映像制作


映像制作の依頼を受けたときに、まずはじめに時間をかけて確認しなくてはならないのが依頼主の目的です。

商品のPRのためのプロモーションビデオ映像制作の依頼であれば、まずはその映像が物の価値を正確に伝えるためのものなのか、あるいは映像を見た視聴者に良いイメージを持ってもらうためのものなのかといったことです。

また、その映像をどの場面で使用するかによっても大きく異なります。

プレゼンテーション用の商品の詳細を説明するための映像制作であれば、ある程度の時間をかけて、丁寧にコンセプトから商品説明など、作り手側が伝えたい内容をふんだんに盛り込んだ映像にすることができます。

テレビコマーシャルに使用する映像制作の依頼ならば、数十秒という短い時間に伝えたいメッセージをコンパクトに、より印象的に盛り込むことが要求されます。

街頭のスクリーンで放映されるものなら、移動中の視聴者が足を止めて興味を持ってくれるような映像制作が必要になります。

さらに視聴者のターゲットをしぼることで、よりピンポイントで情報を届けられるようなわかりやすいものにすることができます。

依頼主の企業がその映像をどのような目的で使用し、何を持って目的を完了したこととするかということを映像制作の依頼を受けたらまずはしっかりと確認することが大切です。

そして、今やハード機器や通信のインフラが整って身近なコミュニケーションの手段になった映像を、使用者のニーズに合った方法で的確に届けることが求められます。

このページのトップへ