トップページコラムへ > Webサイト内の動画制作の特徴


Webサイト内の動画制作の特徴


最近では、メディアの種類も増えてきました。

その昔、映像を流すメディアといえば、テレビだけでした。

最近では、パソコンのWebや携帯電話、スマートフォンでも動画制作をしております。

しかし、テレビとパソコンのWeb、そして携帯電話とスマートフォン、全てで同じ動画制作をしていればいいのかというと、そうではありません。

それぞれ、画面の大きさが異なります。

テレビがこの中ではもっとも大きいので、画面の下に小さな文字を入れても、ある程度は見ることができます。

その次が、パソコンのWebです。

最近では、テレビを使ってWebができるというものも登場しておりますので、テレビに近い映像制作をする場合もあります。

しかし、パソコンの性能差があるので、あまり高画質で高精度の動画制作をすると、見られなくなる可能性があります。

その心配をしないといけないのは、携帯電話やスマートフォンでも同じです。

こちらのほうが、動画制作においてはもっと心配をしなければなりません。

画面が小さいので、表示できる情報は限られます。

通信速度の差もあります。

特にWebの場合には、注意が必要です。

webサイト制作には大してお金がかからないのに、そのコンテンツのひとつである動画制作に何百万円もかけては、本末転倒です。

そのため、Webサイト内の動画制作の場合には、目的や内容にあった予算をかけるのが望ましいです。

動画である必要がない場合には、スライドショーのようなものなら安くできます。

動画制作会社によっては、ローコストで制作できる工夫もしています。

このページのトップへ