トップページコラムへ > ビデオを制作する際の撮影方法について


ビデオを制作する際の撮影方法について


ビデオを制作する際の撮影の基本として、まずカメラを三脚を使ってしっかりと固定して撮影を行うことです。

カメラを固定して撮影を行うことをカメラワークの基本としてフィクスといいます。

固定して撮影を行うこと手ブレなどによる画面の不安定を防ぐことができます。

ビデオを制作する際に、三脚を使うスペースがない場合には一脚でも構いません。

一方、固定している画面が安定感を持つのとは逆に、手持ちで撮影を行い手ブレなどの揺れによって臨場感を表現する方法もあります。

そして、ビデオを制作する際のカメラワークのひとつとして、パンと呼ばれるカメラを水平に移動させる撮影方法があります。

パンは左から右へと動かすことで広さなどを表すことができます。

パンを行う際には、撮影を始める前に最後の位置を確認してから撮り始めることがポイントです。

そして、ビデオの制作において、パンが水平の広がりを表す撮影方法に対して高さを表現する方法としてカメラを垂直に動かすティルトと呼ばれる撮影方法があります。

ティルトの基本として、撮影対象によって、上から下または下から上へと動かすことで高さを強調することができます。

基本として高さのあるものは上から下へと撮影することでより高さを強調することができますが、ビデオを制作する際には、撮影を始めるところやカメラを動かす方向はどちらが効果的に高さを表現することができるのかを撮影対象に応じて考えることが大切です。

このページのトップへ