トップページコラムへ > ビデオはわかりやすく編集することが大切


ビデオはわかりやすく編集することが大切


ビデオは映像を記録としてとどめておく大切な媒体です。

そのため、人々はビデオを残したいと考えています。

しかし、ビデオをただ撮りためているだけでは、本当の記録とは言えません。

例えば、自分以外の人に見てもらっても、理解や賛同、感動を得られるようなビデオを作成することが必要不可欠と言っていいでしょう。

 もし、構成に残るビデオを作りたいと思ったら、編集を行うことが不可欠と言っていいでしょう。

編集とは、映像をきちんと整理し、見る人の視点に立って修正や補正をおこなうことを指します。

そのため、わかりやすいビデオを残すためには、映像はもちろんのことですが、編集技術がものを言うと言っても過言ではありません。

 それではどのように編集をおこなったらいいのでしょうか。

まず、ビデオを編集するには、何を伝えたいのかテーマを作ることが大切です。

テーマという骨格がなければ、メッセージ性のないビデオとなってしまい、ただ映像を流しっぱなしになってしまう危険をはらんでいます。

そのため、きちんとテーマを持ってビデオ作成することが大切です。

 また、大きなテーマを決めたらコンテンツを細かくすることが重要です。

例えば会社であれば、会社の成り立ち、活動、実績、これからの展望など、伝えたいテーマを明確にするために、コンテンツも決めましょう。

これに映像と言う肉付けを行うことによって、より魅力ある編集を行うことができます。

 ビデオの編集は対象の印象を大きく左右する大切な作業です。

このページのトップへ