トップページコラムへ > 記録をビデオに残すときに注意したいこと


記録をビデオに残すときに注意したいこと


人の成長や時代の流れを記録jにとどめておくことはとても大切です。

すべてのことは耐えず流れており、同じ時間は二度と戻りません。

それゆえ、人々は記録というメディアを作りだし、後世に残そうとするのです。

 しかし、記録を残すという作業は以外にも難しいものです。

撮影したものをそのままビデオに残すだけでは、ほとんど見直すことがないと言っていいでしょう。

見直したとしても、いったいどんなシーンであるかがわからないということも少なくありません。

なぜ、このような現象が起こるのでしょうか。

 それはただ漠然とビデオに記録として残しているからです。

人間は物事を把握し、常に考える生き物です。

そのため、自分が目にしている映像は、常に記憶や情報をもとに認識をしているのです。

 しかし、ビデオには何も情報がありません。

ただその瞬間を映しただけの映像にしかすぎなくなり、状況を把握するのが難しくしてしまうのです。

これでは記録ビデオの意味がありません。

ビデオは誰が見てもわかるものにしなければなりません。

 そんなとき、ビデオの映像を整理して、視聴者に見やすくわかりやすく構成することが大切です。

時にはナレーションなどの解説があれば、なおのことわかりやすくなるでしょう。

 個人で誰にでもわかる記録を残しておくのは非常に難しいと言えます。

そんなときこそ、適切な記録映像を残してくれる会社に委託しましょう。

そうすることで、価値ある記録を残したビデオができあがるはずです。

このページのトップへ