トップページコラムへ > 商品紹介のためのDVD映像に期待される内容


商品紹介のためのDVD映像に期待される内容


企業が依頼する商品紹介の映像作りにはいくつかの種類があります。

テレビコマーシャル用の映像、イベント会場などで流される映像、そして商品を紹介するために作られたDVD用の映像などです。

コマーシャル用の映像やイベント用の映像は視聴者の意志に関係なく流されるものなので、ある程度インパクトのあるコンパクトな映像が求められます。

映像の断片を見た人が興味を持って、その商品についてもっと知りたいと思って足を止めてくれるようなものでなくてはなりません。

それに対してDVDの商品紹介の映像は通常は視聴対象者に対して配布され、自分自身の都合に合わせて再生して視聴するものです。

強制的に目に入ってくる映像とはちがい、自分自身の意志で商品紹介の映像を見るという点が大きく異なります。

時間もコマーシャル映像よりも長く作成されるため、企業の商品紹介のための様々な情報を織り交ぜた内容にすることも可能です。

ただし、DVDによる商品紹介は確かに自分都合によって自分の意志で視聴を始めるのですが、視聴する人の都合で止めることも可能なのです。

コマーシャル映像よりも長い時間のものを制作できるといっても、商品の説明を長々と行うような魅力のない映像だったら結局最後まで見てもらえないことも考えられるし、最後までDVDを見てもらえたとしても、全く印象に残らない可能性もあります。

商品紹介のためのDVD映像は商品の魅力を効果的に、しかも伝えたいメッセージが確実に相手に届くような内容が求められます。

このページのトップへ