映像制作本店トップページ > 映像制作用語集 「ま行」

映像制作用語集

映像制作の現場では、業界用語が良く使われます。この用語集は、映像制作を検討されている方や初心者の方にも参考となる基礎用語を解説しています。分からない用語がありましたら、こちらでお調べください。

ま から始まる用語

マクロビジョン
米Macrovision社が開発。DVDプレーヤなどで再生した映像をVHS等どにダビングできないようにする機能です。この機能を利用するには、Macrovison社とのライセンス契約が必要です。
マスターテープ
完パケと同意語。編集・MA後、完成された作品が収まった大切に保管するテープのことです。
マスモニ
マスターモニターの略称。映像の確認や色彩を判断する時に基準となる高精細で高性能なモニターのこと。一般のモニタは、色彩や解像度のばらつきがあるため、その基準となるように調整された重要なモニタ。

み から始まる用語

ミキサー
音楽制作において、複数の音声信号を加工し出力する音響機器のこと。小中規模の機器は「コンソール」と呼ぶこともありまsす。また、それらの音響機器を扱うスタッフのことをミキサーさんと呼んだりします。

む から始まる用語

め から始まる用語

も から始まる用語

モーショングラフィックス
映像編集において、静止画像やテキストを動かすこと。
モーフィング
映像編集における特殊技術SFXのひとつで、専用ソフトを利用して、ある物体から全く異なる物体へ徐々に変形させていくことです。オーバーラップによる映像効果でなく、変形するまでの間を専用ソフトで自動生成させて補完させます。

このページのトップへ