トップページ字幕入れ/吹き替え > 吹き替え

吹き替え

日本語→外国語、外国語→日本語へ翻訳し、ナレーション入れ

活用方法
  • ・日本語版を海外でも利用したい
  • ・海外の映像を日本語版に変更したい
  • ・原音を小さくボイスオーバーさせたい

日本語 吹き替え

外国語から日本語へと翻訳し、ナレーションや音楽を入れます。

外国語 吹き替え

日本語から外国語へと翻訳し、ナレーションやプロ選曲家による音楽を入れます。

  • ※上記2つの料金表は、英語(米語)を例にした目安です。
  • ※納品は納品形態や数量などにより、別途費用が発生致します。
  • ※消費税は別途となります。

ご確認事項

吹き替え版を検討するにあたり、ご確認して頂きたい事項がございます。

1.ご支給して頂く映像素材について

対応可能な素材は下記の通りです。

■テープ
  • ・miniDV
  • ・DVCAM
  • ・HDV
  • ・Betacam(SP)
  • ・Digital Betacam
■DVD
  • ・DVD-Video(MPEG-2)

※コピーガード無し。リージョンコードにご注意

※ご注意:HDCAMやD3も対応可能ですが、デジタイズに費用が発生致します。

■動画ファイル(下記以外のファイル形式については、ご相談ください)
  • ・QuickTime(MOV)
  • ・WMV(Windows Media Video)
  • ・MPEG-2
  • ・AVI(Audio Video Interleave)

※ご注意:HDDで入稿される場合は、お客さまの方で必ずバックアップをお願い致します。

2.TV信号方式について

放送方式には、NTSC、PAL、SECAMの3種類がございます。ご支給して頂く映像素材が、日本、米国、韓国、台湾等の場合は、NTSC方式となっています。それ以外の放送方式は、変換作業を行う必要がありますので、時間と費用が掛かる場合がございます。また納品の際、NTSC以外の国で使用する場合は、その国に対応した放送方式に変換する必要がある場合は、事前にお知らせ下さい。

3.リージョンコードについて

DVD-Videoディスクは、再生可能地域(リージョン)を記載した情報(コード)が設定されています。日本の場合は、「2」となり、異なるリージョンコードでは日本のDVDプレーヤ−では再生できません。ご支給頂くDVD-Videoのリージョンコードが「2」か、リージョンフリー の「0」であることが前提となります。

またDVD-Videoで納品を希望される場合、お客さまにてリージョンコードの指定が無ければリージョンフリー「0」を設定しますが、それ以外の設定が必要な場合は事前にお知らせ下さい。

◆リージョンコード(Region Codes)
  • 0(ALL) どの地域においても利用可能(非公式)
  • 1 北米、カナダ
  • 2 日本、西・中央ヨーロッパ、中東、南アフリカ
  • 3 東南アジア、韓国、台湾、香港、マカオ
  • 4 南米、オセアニア、メキシコ
  • 5 ロシア、東ヨーロッパ、中央アジア、アフリカ
  • 6 中国
  • 7 未使用
  • 8 航空機、旅客船、その他輸送機関

4.映像素材の音声について

ご支給していただく映像は、既にナレーションと音楽がミックスされた状態の可能性が高いため、音声チャンネルの状況を確認する必要があります。ナレーションを外して新たに吹き替えナレーションと音楽、効果音を入れ直すか、ボイスオーバーとなるのかお打合せが必要となります。音楽を入れ直す場合は、プロの選曲家による音楽や効果音の入れ直しとなります。

お客さまの方で、映像に使用されている音楽を使用したい場合はご支給ください。ご支給頂く音楽や効果音は、選曲家により編集・調整されている可能性が高いため、映像で使われているものと全く同じ音楽が必要となります。

※ご注意;元映像素材に使用している音楽や効果音には著作権があります。その音楽を使用したい場合は、お客さまにて著作物の二次使用等の権利をクリアして頂く必要がございます。

PAGETOP