教育映像(映像マニュアル)の制作方法

教育映像、映像マニュアルを作る意味

人材の育成には映像を便利に活用してください。

情報や知識を伝える手法として有効活用されている映像。
人材教育にも映像は有効なツールとして活用されています。

例えば、新しい情報を伝えたいと思った時

・講習会を開きたいが場所が無い。
・社員を集めたいがスケジュール調整が難しい。
・講師が出来る知識を持った人材が忙しい。
・全国の社員に同時に伝えなければならない。
・実際の製品を見せて説明したいが製品の持ち運びが困難。

映像は時間と場所に制限されずに、
環境さえあればいつでも何処ででも視聴することが可能です。
そして視聴者全員に均一な情報を伝えることが出来るのです。

こんな場面で活用されています

企業の教育用映像と言っても、業種や職種によって必要な映像は違います。
実務の研修をまとめたいわゆるマニュアルとして使用できる映像、
企業内のマインド・理念を共有するための映像など。

実務のマニュアルに使用できる映像

ショウルームの接客
マニュアル

電話の応対
マニュアル

システム運用
マニュアル

PCソフトの
eラーニングマニュアル

企業内の意識統一に使用できる映像

定期的な
トップメッセージ

企業内
技術コンクール記録

新商品の
開発メッセージ

ブランドコンセプト映像

当社の映像制作実績
  • 自動車関連量販店/店舗スタッフ啓発
  • 住宅機器メーカー/社員教育
  • 通信機器販売/接客マニュアル
  • 医療機器メーカー/新商品解説
  • 製紙メーカー/新商品解説
  • 住宅メーカー/新カタログ解説

教育映像、映像マニュアル制作のポイント

教育で重要視されるのはその「質」です。

学校や予備校などでも、先生や講師の能力にによって生徒や受講者の理解度が
左右されるということが残念ながら発生してしまいます。

映像は、教える人材の「質」に左右されず視聴者に均一な情報を提供する事ができます。
さらに、繰り返し視聴することで理解をより深めてもらうことに繋がります。

それぞれの映像での用途はもちろん、見た目に注力することで社員のブランド意識を向上させるということも可能です。

大きな変革のタイミングや新入社員向けには、よくわからない造語やキーワードをただ伝えるよりも映像を制作することが大変に効果的です。

上記のように、教育といっても「実務」と「マインド」などその用途は企業をまとめる上では多種多様です。

もちろん企業だけではなく商品の使い方など、一般の方に向けた映像マニュアルも効果的です。

教育用映像 制作のご依頼・ご相談

教育映像、映像マニュアルとは

新入社員、契約社員、アルバイト、パートなど従業員への均一な教育や指導を行う際に活用出来る教育用ビデオを映像制作します。
具体的な徹底指導から、服装や髪型といった身だしなみまで様々なニーズに対応して映像制作します。

そうする事により徹底した社員教育が図れる事が出来るので、高水準で均一なサービスを教育したい時におすすめです。

教育用ビデオを制作する上で大きなポイントとなる重要事項は、教育内容を制作側が徹底的に把握する事により、解りやすく映像を構成し、御社の理念と方針に基づいた企画や演出を行う事です。

そして、映像として効果的なアイデアを盛り込み、セリフの内容や構図は誰でも理解しやすいように制作する事です。
その為に映像制作者はしっかりと教育内容全てを細かく理解し、教育用映像を構成していきます。

また、教育用ビデオでありがちな長いだけで集中出来ない退屈なビデオではなく、視聴者を引き込む映像制作技術が必要となります。

初めて教えてもらう人の立場になり、映像を見て理解し易いかどうか、退屈ではないかどうか、時間が長すぎないか等、様々な方向から検討し一番最適だと思う映像制作を行います。
そうする事で、教育用ビデオの内容を全て把握する事が出来て、教育ビデオの成果が生まれると考えています。

さらに、教育用映像には、実際にやってみせる実演が不可欠です。
そうする事で理解し易くなり、視聴者の理解も深まります。

社員様ご自身の出演またはキャストやエキストラの手配が出来るので、教育用ビデオとしてしっかりとした映像に仕上がります。

このページのトップへ