トップページコラムへ > 映像編集をする為に必要なマニュアルの内容


映像編集をする為に必要なマニュアルの内容


映像編集をするにあたって、まずどんな使い方が分からない方でも使えるようにマニュアルの整備を実施する必要があります。

その為にはマニュアルを作成後、使い方が分からない方に見てもらう事が大切です。

見てもらった際に不明確な点や修正したら良い点などをヒアリングし、作成したマニュアルに内容を取り込む必要があります。

有識者が見て分かるようなマニュアルでは良いマニュアルとは言えないと考えます。

そしてマニュアルは重要な部分を抜き出し作業をする方の中で認識を統一する必要があります。

認識が統一されていない場合、マニュアルの整合性が失われる可能性があります。

映像編集をする際には、どのような方が作業をしても映像の内容が統一されていることが重要です。

どのような方が映像を見ても分かりやすい内容を作成することが重要です。

作成者によって映像の内容が異なってくる場合には、必ず作業者全員が集まり認識の確認を実施しなくてはならないと考えます。

映像の内容を編集中にマニュアルなどで不備などを見つけた場合は、すぐに内容を変更せず発見者の認識が間違っていないかを確認する必要があります。

間違っていた場合はその点を改め、マニュアルに不備があった場合は早急に内容の変更をする必要があります。

マニュアルは作業をする上でとても必要な資料の為、日ごろからメンテナンスを実施することも大切です。

偏った知識のマニュアルではなく、作業者の認識が統一されたマニュアルを作成することが大切です。

このページのトップへ