映像制作本店トップページ > 映像制作用語集 「あ行」

映像制作用語集

映像制作の現場では、業界用語が良く使われます。この用語集は、映像制作を検討されている方や初心者の方にも参考となる基礎用語を解説しています。分からない用語がありましたら、こちらでお調べください。

あ から始まる用語

アーカイブ
主に映像素材を編集ソフトを利用して、編集した素材をハードディスク等の記録メディアに保存し、データベース化。その仕組みや映像の保管庫のことをさします。その素材を簡単に閲覧や検索できる機能が付加されていることが理想的です。
アスペクト比
アスペクトレート、つまり画面縦横の比率のことです。SDは4:3、ワイド画面と言われるHDは16:9となっています
アーツエイハン
映像とWEBの制作を主とする制作会社のこと。映像とWEBの視覚化(ビジュアライゼーション)をコンセプトに、企業・法人様向けのコミュニケーションサービスを提供している。
アテレコ
外国語映画において俳優の日本語吹き替えや、アニメーションのキャラクターに声優が台詞を録音することです。映像に台詞を割り当てることからそう呼ばれるようになったとされ、アフレコから派生した言葉です。
アップショット
人物の顔をいっぱいに撮影すること
アフレコ
アフターレコーディングの略称。映画やドラマ等の撮影後、ポストプロダクションにて、ナレーションや俳優自身が口の動きに合わせて台詞を録音することを言う。

い から始まる用語

インサートカット
映像編集時に、ある映像の途中に別の映像や音声を入れ込む編集技法。人物が話している途中に、その内容に沿った映像が挿入する場合によく使われます。
インターレース
テレビモニタなどの受像機が映像を映し出すときの描画方式の名称。奇数と偶数の走査線からなり、先に奇数を送り、交互に映し出すことにより、フィールド周波数を倍にすることができます。インタレースの他、プログレッシブと呼ばれる描画方式があります。

う から始まる用語

WEB配信
動画コンテンツや音声をインターネットを経由してデータ送信することを指し、ネット配信とも言われます。近年では、通信速度といったインフラの整備や機器の性能が飛躍的に向上したことから、大容量高画質のコンテンツを配信することが盛んに行われています。

え から始まる用語

HD
High Definition(高解像度映像)。垂直720ライン以上の解像度を保持し、アスペクト比が16:9である解像度規格です。
SD
Standard Definition(標準画質映像)。解像度規格の一つで、従来の映像受像器がこの規格にあたります。世界のSD方式には、NTSC、PAL、SECAMなどがあります。現在は、ハイビジョンや高精細度テレビ放送(HDTVあるいは単にHDともいう)といった最新規格が一般的になるつつあります。
NTSC
National Television System Committee(全米テレビジョン放送方式標準化委員会)の略称。アナログ放送や映像機器、DVDなどの映像ソフトに関する規格です。主に日本、アメリカ、韓国などで採用されています。
MAスタジオ
映像作品にナレーション録音や音楽・効果音といった音声処理全般を行う録音スタジオです。一般的には、外部からの騒音や振動の影響を受けないような構造設計がされています。スタジオは、コントロールルーム、マシンルーム、演奏やナレーションを録音するブースに分かれています。
MPEG
Moving Picture Expert Groupという組織の頭文字をとったもので、映像や音声の圧縮方式の一つです。MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4などの規格が標準化しており、音声圧縮方式のMP3やファイルフォーマットのMP4は、MPEGが規格化した方式です。
エンコード
符号化とも言い、ビデオテープやデジタルデータをDVD制作やWEB配信用に適したデータ容量に圧縮・形式変換することです。

お から始まる用語

オーサリング
動画や音声、画像などの素材をDVD-Videoコンテンツとして編集し、機能させるために行う各種設定作業のことです。一般的にはマルチメディア要素を編集して統合することをオーサリングと呼んでおり、単なる動画編集やプログラム作成をオーサリングとは呼びません。また、それらを制作するソフトを「オーサリングソフト」「オーサリングツール」と呼んでいます。
オフライン編集
マスターテープを使用して映像編集する前に行う仮編集のこと。テープ編集は、何度も再生・停止させることから、マスターテープを傷つけないようVHSテープなどにコピーして仮編集を行っていました。専用編集ソフトとパソコンや専用マシンを利用したデジタル編集では、すぐに修正ができるようにしている状態をオフラインと呼んでいます。

このページのトップへ