トップページコラムへ > 目的別に考える映像制作:Youtube編


目的別に考える映像制作:Youtube編


Youtubeでの動画投稿は、一般人でも容易に投稿できますが、映像編集はなかなかプロのように上手くはいかないのが現状だと思われます。

また、余り時間もかけられない点もあり、どうしても見る人に対して、訴える映像制作にはなっていないと感じられるものも少なくないように思われます。

映像にバックグランドミュージックを挿入したり、映像にナレーション(説明)をなどを付け加えたりしながらメリハリのある映像制作できると良いように思われます。

見る人に訴えるには、素人が編集した動画では、ややプレテーションとしては、不足感を拭えない状態だと感じられます。

 Youtubeに投稿されいる映像素材は素晴らしいく、内容のあるものですが、残念に思われることですがプロが編集した内容と比較すると、素人とだと分かってしまします。

そのため、最後まで見ることが厳しいものもあります。

これでは見てもらいたい意図が充分に相手方に伝わ憎いものとなっていると思われます。

Youtubeの映像制作で解説したい動画には、作者へのインタビューや解説のためのメッセージなどを編集することで、作者の作品に対する思いや、作品を制作していく上での考え方などを伝える様に工夫することで、動画のアピール度も向上すると思われます。

 また、Youtubeで広告する場合などは、前記に加えてインターネット検索SEO対策も行う必要もありあます。

したがって、映像制作を扱う業者でなおかつ、WEB映像制作も扱っている業者に映像編集を依頼し、Youtubeでのプレゼンテーション性の高い動画を投稿することを考えて見られると良いように思われます。

このページのトップへ