トップページコラムへ > 高度な映像編集にはお金が必要


高度な映像編集にはお金が必要


映像を編集するといっても、その意味は多岐に渡ります。

簡単なものでは、二つの映像をくっつける、もしくは分割するだけでも立派な編集です。

その他にも映像にあわせてテロップ等の文字を入れたりといった作業は、比較的簡単に行えるので、趣味の範囲でも十分可能です。

高度な編集になってくると、映画のように、画面効果をちりばめたり、上記のテロップ文字等についても動きを加えたりと、編集をする人のスキルとアイデアによって、同じ映像でも、無限ともいえる編集が可能です。

当然、アイデアやスキルだけでなく、より良い映像の編集をする場合はその道具も良いものが要求されます。

現在のデジタル映像の編集にはコンピュータを使います。

このコンピュータの性能がより良い物ほど編集の効率は良くなります。

また、編集用のソフトウェアについても有料のソフトの方が高機能で作業性の多いものが多いです。

より高度な編集をしたい場合はお金がかかることが多いので、専門の業者に依頼した方が安上がりになることは十分にあります。

また、映像制作の上で気を付けなければいけないのは、画質です。

映像に、冒頭で挙げた文字をつけるにせよ、より高度な映像を編集をするにせよ、元の映像ファイルを変更することになります。

それは、画質の劣化を招く可能性があります。

折角苦労して編集作業を行ったのに、成果物の画質が悪くなっていては報われません。

映像を出力する際には、映像圧縮、つまり、エンコードの知識も必要となってきます。

このページのトップへ